「相談者様のケースに合った最適な不動産任意売却の専門業者をご紹介いたします」

  • 住宅ローンの返済が苦しくなった、滞納があって払えない。
  • 競売の通知がきてしまった!

このような事でお困りの方は不動産任意売却をお勧めします。

任意売却には様々なメリットがあり、債権者などとの面倒な交渉を任意売却専門業者が
代理で行ってくれます。
しかし、任意売却の専門業者は多数あり、どこの業者を信用し相談していいのか分からないのが
現状です。

そんな不安をお持ちの方は、是非、任売ナビにご相談下さい。

任売ナビでは相談者様の状況をヒアリングさせていただき、第三者の目から冷静に判断し相談者様の
ケースに合った最適な任意売却専門業者をご紹介します。

相談者様が不動産任意売却をして新しい生活のスタートをより良い形で出来る事
それが任売ナビのコンセプトです。

もちろんご相談料は無料です。
悩んでいる方は手遅れになる前に一度任売ナビにご相談下さい。
今からでも遅くありません、きっと悩みを解決できるはずです。

お問い合わせTEL
03-5365-4601
メールでのお問い合わせはこちら

不動産任意売却??不動産任意売却専門業社って??

不動産会社にも得意分野があるのはご存知ですか?

お医者さんにも内科、外科、産婦人科、小児科があるように
不動産会社にもそれぞれ得意分野があります。

賃貸、売買、ビル専門、都市開発、などの不動産専門分野の中に
不動産任意売却の専門業者が存在しています。
不動産任意売却専門業者は普段は普段は弁護士や銀行との取引をしているので、
一般にはあまり知られてはいません。

また、不動産任意売却専門業者は駅前にあるわけでもなく、広く広告を出しているわけでもありません。
しかし不動産業界の中に独立した不動産任意売却専門のプロが存在し、
金融機関との正式な交渉人として活躍しております。

不動産任意売却専門業者と一般の不動産業者との違い

一般の不動産業者に依頼した場合と不動産任意売却専門のプロの不動産業者に
依頼したときの差について考えてみましょう。

私達の友人・知人の周りを見てみると、不動産業界の人はいるはずです。
相談者様は「知り合いや近くの不動産業者でも良いのでは?」と考えるでしょう。

でも、もう一度よく考えてください。
相談者様が抱えている問題は通常の不動産物件ではありません。
任意売却物件なのです。

もちろん一般の不動産業者でも売買は行えますが
任意売却を扱う専門業者とは、物件、交渉相手、条件、商文化において異なるため、
例えば、残債の整理縮小や交渉のスピードなど、最後に大きく差が出てくると
相談者様から意見を多数いただいております。

不動産任意売却物件の処理は、一般の不動産業者では処理できないケースが多くありますので、
任意売却物件の取り扱いは、任意売却物件専門の不動産業者に依頼する事が最善です。

不動産任意売却業者の選択について

不動産任意売却業者には大きく分けると2つの種類があります。

  • 不動産任意売却 仲介専門業者
  • 不動産任意売却 買い取り専門業者

業者を選ぶ時には、ご自身がどちらを選択するかよくお考えになってから
業者と話を進めていかなければいけません。

■メリット、デメリットについて

不動産任意売却仲介専門業者、不動産任意売却買い取り専門業者を選択するときの
メリット・デメリットについてご説明いたします。

不動産任意売却仲介専門業者

メリット:
一般市場に公開して販売するので、高く売れる可能性がある。
大手仲介業者に依頼出来る可能性がある。
デメリット:
仲介の為、買主が見つからない場合がある。
一般のお客様(検討者含む)に家の中を案内する必要がある。
購入者が一般個人のため、所有権移転前に引っ越さなければならない。

不動産任意売却買い取り専門業者

メリット:
不動産任意売却買い取り専門業者と直接話せるので、買い手との意思疎通が取れる。
仲介手数料がかからない
買取業者以外に家の中を見られることが無い。
場合によって賃貸で貸してくれる場合がある。
買い戻しの相談が出来る場合がある。
デメリット:
一般市場で売るより安く買い取られる場合が多い(仲介手数料は掛かりません)

それぞれメリット・デメリットがあるので皆様の状況によってどちらが良いかは変わってきます。
まずは任売ナビにご相談下さい。
物件や相談者様の状況に合わせて最善の業者をご紹介致します。

任売ナビ提携不動産業者選定基準について

  • 任意売却物件成立件数10件以上
  • お客様からのクレーム無し
  • 残債務の処理の対応能力

など
厳正な審査と確約の基に不動産業者をご紹介いたしております。

不動産任意売却を行った方の事例をご紹介いたします。

ケース1仲介業者の場合

Mさん38歳のケース

不動産任意売却によりどん底から脱出しました。
私は平成9年に新築マンションを4,200万円で購入しました。
住宅ローンの月々の返済額はボーナス払い無しの均等返済で約16万円程度。
仕事も順調で年収も700万円あったのですが、突然のリストラで一気に生活が苦しくなりました。
やっとの思いで再就職をしましたが、年収は400万円と激減し、住宅ローンの返済のために、
消費者金融からお金を借りて返済に当てていました。
しかし、すぐに住宅ローンだけでなく消費者金融の返済も滞るようになりました。
催促の電話や督促状が頻繁に送られてきても当然払えません。その内に、マンションが競売に掛けられて精神的にも限界に達し、自己破産の道も考え始めました。
そんな時、任意売却という方法を知りました。最初はこんな条件のいい話は無いと思っていましたが、
どうする事も出来ないので任意売却専門業者に相談をしてみました。
色々と話を聞いてみて、残債と物件価格の事を考えてくれて少しでも高く売却した方がいいという事で
任意売却専門の仲介業者にお願いする事にしました。
依頼した業者は、親身な対応や債権者との様々な交渉をしてくれて、無事買い手も見つかり、マンションを
売却する事ができました。
売却後の残債もありますが、こちらも最後まで債権者に交渉してもらい、月々1万5千円の返済で話を
まとめてもらいました。
一時は自己破産まで考えていたのですが、任意売却専門業者のおかげで楽しく生活が出来ています。
担当者の話で、相談するのがあと2ヶ月遅かったら任意売却は出来なかったと聞いて
ゾッとしたのを覚えています。

ケース2買取業者の場合

Sさん42歳のケース

「今の家賃でマンションを購入できます!」のチラシを見て、子供も大きくなってきたのを期に
マイホーム購入を検討し、3,200万円のマンションを購入しました。
返済金額は頭金無しの月々10万円、ボーナス時25万円加算の支払いで返済計画を立てました。
しかし年間で支払う住宅ローンが170万円、その他にもマンションの管理費や固定資産税・車の
ローンなどが追加になり、結果として、1年間で250万円の返済額が必要になりました。
当初は、なんとか返済を続けていたのですが、勤めていた会社の業績が思ったより伸びず、
収入も現状維持を保つのが精一杯、徐々にボーナス時の支払いが苦しくなってきました。
更に子供の養育費も増えてきて、ついには支払いが滞るようになってしまいました。
売却をしたくても、既に抵当権に入ってしまった物件が売却できるとは思わず、困っている時、知人に
任意売却の事を聞いたのです。
早速、売却を決意し、任意売却の業者を調べ始めました。
私の場合、売却後は、しばらく賃貸で借りたい(子供の学校の卒業まで引越しを待って欲しい)という希望がありましたので、選んだ任意売却の業者は、買取業者でした。
こちらの希望を相談させて貰い、売却後は子供の卒業まで賃貸で貸してもらえる事になりました。
更に、売却金額は相場よりは10%程度低かったようですが、債権者に納得してもらえる交渉もして
もらえました。
お世話になった業者からは、「こういうケースで困っている人は結構いるが相談するのが遅くて手遅れに
なっている人が多い」「手遅れになると競売に掛けられて大変な返済に追われるか自己破産する人が
多い」と聞きました。
私は手遅れになる前に助かりましたが、何事も専門家にお願いするのが一番確実だなと
改めて実感しました。

ケース3仲介業者の場合

Oさん55歳のケース

新築のマンションを購入してから5年、不況の煽りで勤めていた会社が倒産してしまい、
住宅ローンの支払いが苦しくなってきました。
幸い、再就職先はすぐに決まりましたが、年収がそれまでの3分の2に減ったために、
仕方なく今まで貯めた貯金から支払いをするようになりました。しかし、そのうち貯金も無くなり、
ついには住宅ローンの滞納が始まってしまいました。
銀行から催促の書類などが送られてきていたのですが、支払いが出来なかったので返事をせずに、
毎日ビクビクしながら生活を送っていました。
住宅ローンの滞納が始まって半年くらい経った頃、競売の通知書が送られてきました。
ローンが払えないので家を差し押さえられても仕方がないと思っていたのですが、
新しく住むところを探さなくてはいけないし、引越し費用も必要になります。
しかし、その余裕は当然ありませんでした。
競売になると決まってから色々な業者が来ていたので任意売却のことは知っていましたが、
詳しい内容までは知らず、競売で家を処分する物だと思っていました。
そんな時、息子が任意売却の事を調べ、任意売却専門業者に任せれば売却の条件が有利になると
わかりました。どうせ処分されるなら残債が少なくなった方がいいと思い相談してみました。
任意売却専門業者にお願いしたところ、債権者と交渉の結果、任意売却を認めてもらい、
購入者の方もすぐに見つけてもらえました。
また、その他の固定資産税やマンションの管理費の滞納分もしっかり処理してもらい、
引越し先の手配や、引越し代までいただくことができました。
更に、残債の返済も無理が無いように交渉をしてもらったため、今は家賃と残債の返済を合わせても
10万円で少しお釣りがくる設定です。
今まで心配していた事が全て解決し、今では、新しい生活を気持ちよく始められた事を感謝し、
任意売却を選んでよかったと思っています。

ケース4買取業者の場合

Yさん64歳のケース

親から相続した古い戸建てで、お世辞にも綺麗とは言えない家でしたが、
親から貰った大事な財産でした。
しかし様々な事情があり、競売に掛けられてしまう事態に。
隣とは境界の問題で少々もめていましたが、任意売却専門業者にお願いする事にしました。
境界の問題を担当者に相談したところ、特に境界問題に強い提携買取業者を紹介してもらえる事に
なりました。
早速その業者に依頼し、境界問題を処理してもらい無事に話がまとまりました。
引越し費用も準備できそうになかったのですが、費用から業者の手配まで面倒をみてもらえました。
また、競売に出る前に内々で処理してくれたので、ご近所の方にも知られず名誉が守られたのは
本当に助かりました。

任売ナビサービス概念図

任売ナビサービス概念図

悩んでいる方は手遅れになる前に一度任売ナビにご相談下さい。
今からでも遅くありません、きっと悩みを解決できるはずです。
無料にてご相談に乗らせて頂きます。

任意売却物件の購入をご希望されている方はこちらからお問い合わせ下さい。